そこが知りたいお役立ち情報ブログ:17年10月15日

3-01

人生を通じて、
オレにとっては「姉貴」がいつもキーワードです。

二人姉妹のいもうととして、生まれたあたし。
いつもお姉ちゃんの後をついて歩いていました。
今では懐かしい8ミリビデオに残っていた幼少期のわしの目は、
姉をいつも見上げ探していました。

ミーは小さく生まれたのですが、
姉貴は成長が早いたちだったようで
幼稚園の頃から他の園児たちより頭ひとつ飛び出してしまう、
目立ってしまう人でした。

そんなお姉ちゃんを、当時の人にしては身長が高く、
女性としては少し劣等感を感じてたであろうお母さんは
自分のことのように心配をしていましたが…

僕にとっては世界で一番好きな姉。
お構いなしについて歩いては
「ついてこないでよっ!」といつも困らせていました。

お姉さんは成績が良かったこともあり、
あたくしの図式の中には
「姉貴は優秀でしっかりもの・ぼくは甘えたでみそっかす」
という崩れがたい公式がいつもありました。

お姉さんは学校でも同様の評価を受けていたようで、
面倒見もよく、常に学級委員的な立場におり、
学校に来づらくなった友人を毎あさ迎えに行くというような
エピソードには事欠かない人でした。

そんな優秀なお姉ちゃんが思春期を過ぎた頃から、
少し精神状態を崩し始めました。

今考えると…
父母の期待に応えたい生真面目さと優しさ、
思春期特有の親父への嫌悪感、
本が好きでファンタジックでユニークな感性、
そして自分自身の持つエネルギーをうまく統合し表現する手段や、
思春期特有の悩みを乗り越える支えとなるものがなかったのでしょうね。

それから数年をかけ、
姉はゆっくりと彼女だけの世界に閉じこもるようになりました。

姉が変化していく様子は
お姉さん一筋だったあたくしには大変なショックでした。