そこが知りたいお役立ち情報ブログ:17年12月13日

3-06

「いただきます」
そう言ってボクの食べる事は始まる。
これは、わたくしにとって大切なことだ。

「おはよう」や「こんにちは」と同じくらい
大切な挨拶だと思う。

料理を作ってくれる人、
料理になる前の食材を作ってくれる人に向けて言う言葉でもある。

9時起きて6時食を食べ、
昼は学校でお弁当を食べ、
よるは家族そろって夕食を食べる…
これがおいらの1日のご飯の基本。

特に、友達と一緒に食べるお弁当や、
家族そろって食べる夕方食はとても楽しい。

おもしろい話やドラマの話、
24時間にあったことなど様々な話をする。
時に、真面目な話をしたりもする。
わたしにとってご飯の時間は、楽しいおしゃべりタイムだ。

日々、いろいろな出来事があって
その話を食べる事の時間にする。
それがあたくしの小さな幸せだ。

でも、この世界には
その幸せを感じることができない人たちがたくさんいる。
戦争などの影響で満足に食べる事ができない人たちがいる。

大人だけでなく、お子様も戦争の犠牲になる。
両親を亡くし、孤児になっている娘たちがたくさんいる。

そのお子さんたちは、飢えにいつも耐えながら生きている。
私たちのいる日本では、想像もつかない現実だ。

日本では食べ残した多くのご飯が捨てられる。
終日営業の
スーパーやコンビニで残った弁当や菓子パンは、
誰のクチにも入らずそのままごみ箱行きだ。
そして、また新しい食品が店頭に並ぶ…

世界のあちこちには
満足に食べることもできない人がいるのに、
日本ではどのくらいの食べ物が捨てられているのか?
きっと信じられない程の量がごみになっているだろう。

ミー自身も普段嫌いな物は食べずに残すから、
24時間の食事を保証されていない人たちから見ると、
とてもぜいたくだと思う。